にほんブログ村
にほんブログ村

2015年01月29日

お友達と料理会

美術協会の会長さんの紹介で、3週間前、初めての大陸人の工筆画の生徒が!(喜)
まず、会長さんの知り合いの彼女のお義父さんから電話がきたのだけれど、私が日本人なので彼女はちょっと躊躇していたよう。ちょうど別のお友達が絵描きに来ていたので、私からまた電話して誘ってみました。

ハルビン出身の絵が大好きな彼女。工筆画がとても気に入ったようで、うちで2時間半ほど描いてその他の部分を説明すると、翌週は完成した絵を持ってきます。台湾でのかつての私のよう。描き方がちょっと違うけど、味のあるなかなかいい絵。私は、かつての私の先生たちのように「塗り方間違ってる。描き直し!」なんてことはいいません。彼女がその絵を気に入ったらそれでいいと思うのです。

彼女はいつもiPadを持ってきていろんな写真を見せてくれます。
料理も得意とのことで、お友達の紹介を兼ねて料理会を開きました。

鶏のもも肉の先の部分だけを買おうと思ったらお店になく、ひとつが350g程の重さの骨つきもも肉を。
そしたらハルビンのお友達が、5本分、骨を全部取って処理してくれました(骨の部分は後日スープに)。
それを調味料とスターチにまぶして、さらに刷毛で蜂蜜を塗って焼き、取り出して切り分け、さらに野菜と一緒に炒めます。

鱒がお買い得だったので魚料理も。お店を持ったことがあるという彼女。
本当に料理が上手。そしてとてもおいしいのです。
大陸人のお友達はみんな料理が上手だけど、ただ、油をたくさん使うのがちょっと気になります。

さらに二人の台湾人、もう一人の大陸人、日本人のお友達にオーストリア人のお隣さんも交え、持ち寄り料理で楽しい食事会となりました。

3時に迎えに来たお義父さんが「インターナショナルだねえ!」


それから先日、イタリア人のかわいい生徒もできました。
お母さんがオーストリア人なのでドイツ語はぺらぺら。
日本の漫画ファンの彼女、おばあちゃんと一緒にやってきます。

まだまだ時間がある私、やる気があれば誰でも歓迎です。DSC01394.jpg
posted by Kazuko at 07:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

工筆画ワークショップ

1日工筆画ワークショップ、無事終了しました!
皆工筆画は初めてで、皆それぞれ違う絵を選んだので、本当に大忙し。
でも皆楽しんでもらえたようでよかったです。

今回すべてVelden美術協会の会長さんが企画、宣伝してくれたのだけど、大所帯の協会の力は本当に大きいです。
この町で、一人で中国画のクラスの参加者を募るのは本当に大変です。
美術協会を通してのたくさんの出会いに感謝、です。



posted by Kazuko at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | お絵描き (Malen) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

近況

1月もすでに半ばを過ぎてしまいましたが、遅ればせながら、明けましておめでとうございます(笑)。

先月突然コンピュータが壊れ、それでもどうにか協会の仕事も無事終え、コンピュータからちょっと離れた生活をしていましたが、年始にお友達から古いコンピュータを譲り受け、ネットは遅いけれども、チェックは携帯で用は足すし、特に問題なく過ごしています。
ただ、昔のコンピュータで作ったワードやエクセルの書類は開けず、PDFも見れず、ネットではYou-tubeも見れませんが、PDFはフリーソフトでどうにかクリア。ワードとエクセルも別のコンピュータの手を借りてクリア。あまりソフトをダウンロードするとますますコンピュータが遅くなりそうなのでYou-tubeは我慢。
インターネットラジオでもいろいろ聞けるし、お絵かきのお供も不自由しません。
ちょっと不便ではありますが、私の古いコンピュータは次回帰省したときにみてもらうことにして、古いお友達のコンピュータでしばらく我慢です。

それにしても最近、物騒な世の中ですね。
フランスでテロが起こる前にもオーストリアのこの小さな町の教会で傷害事件が起こったばかりでした。
一部の狂った人たちのことで、まわりの親切なモスレムのお友達を非難はしませんが、イスラム教で納得いかないところもいくつか。
彼らと結婚するにはイスラム教信者にならないといけないとか、男尊女卑とか。
移民として入ってくる人たちも加えてどんどん町にモスリム人口が増えていく昨今、自分たちの文化や仕事が奪われていくんじゃないかと懸念している人たちもたくさんいます。

先日モスリムのお友達と料理会をしたですが、豚肉は食べないと思って牛肉と鶏肉を準備してさあ食べよう、と思ったら、台湾人のお友達が「私は牛肉食べないよ(台湾で牛は農民の働き手だったので食べない人がたくさんいます)」
最近ベガンのお友達もたくさんいて、お茶に招待するのも一苦労です。
人に迷惑さえかけなければ何を信仰するかは個人の自由ですが、おせっかいな私には本当にめんどくさいです。

それはそうと、ムスリムのお友達が以前「家族が交通事故に遭って怪我したんだけど、アッラーが助けてくれたので死なずにすんだ!」
同じようなことをキリスト教信者のお友達も言ってたことがあるのですが、信仰のおかげでどんなことでもポジティブに考えられるのは悪くないですね。その点日本人は、すごくいい環境にいるにも関わらず悲観的な人が多いような気がします。
日本人は台湾の仏教徒、ムスリムの人たちと比べて、信仰に無頓着な人が多いからかなあとちょっと思う今日この頃です。

雑誌の風刺に関して言えば、日本では批判的な意見もあるようだけど、私からしてみれば、あんなことで怒るなんて度量が狭い、と。
私なんてお義母さんにどれだけ毒舌を言われ、涙をのんできたことか。でもお義母さんは私を批判してるわけじゃなくて、ただの冗談を言ってるだけだと分かったのは、しばらく経ってから。
そんなことでいちいち腹を立てていては、ヨーロッパで生きていけません。
でも、危険を冒してまで風刺し続ける出版社も尋常ではありません。

言いたいことはそれぐらいにして、最近描いた絵を一枚。
台湾で買った絹に描いた菊。なぜかお義母さんの屋根裏で見つけた明治26年出版の「契花百菊」の中の菊を参考に。
今は、アルペンの花々を絹に描いているところです。

今週土曜日は、Velden美術教会主宰、工筆画ワークショップ。怖いですが楽しみです。10917829_1043566428993545_3235987089300240722_n.jpg
posted by Kazuko at 07:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | お絵描き (Malen) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。