にほんブログ村
にほんブログ村

2015年07月31日

静安寺で昼食、絵の教室探し

今週はなぜか毎日街へ出かけています。
昨日は大家さんが探してくれた秦汉胡○○院という教室へお友達と共に見学へ。

30分説明をしてくれるというので約束の時間に教室へ。場所はなかなか便利。
そこは中国画だけでなく書道や古琴、茶芸や語文など、いろいろな教室があるよう。
教室もなかなか立派。ただし値段も立派。

私が教えてもらうだろう先生は、30前半の若い男性。小さな頃から大学院までずっと絵をやってきたそうで、絵の実力もなかなかのようですが、見せてくれた絵は携帯の絵だけ・・・。やってきた一人の生徒さんは棚から本を取り出し、それを見ながら絵を描いていました。

台湾の先生たちの教室ではいつもたくさんのお手本があり、持ち帰って家で練習でき、授業中は先生がひたすら絵の訂正又は作品を描いてくれました。
そんな授業を期待していたのに・・・。
一度も先生の授業を見ることもなく、授業料は1年分ほどの一括払い。1万元(20万円)以上から。よく分からないのにそんな大金は払えません。

社区学校の授業は滅茶苦茶安いのに、極端すぎます。
社区学校も大学も夏休みなので授業見学できません。でも最近ちょくちょくお友達がいろいろ紹介してくれるので、延々と先生探しは続きます。


今日はまたまた台湾人の奥様たちと昼食。特に予定のない私は、誘われればどこへでも飛んで行きます。
今日はお友達の一人が住んでいる静安寺界隈へ。
初めて行くところだから、約束よりちょっと早めに出発。

うちから地下鉄一本で30分で到着。静安寺のお寺への出口はお寺と一体化してなんともおしゃれ。
お寺への入り口がよく分からずぐるっと一周したら、お寺の外側はレストランや店舗がずらし。周囲は高層ビル。
2000年ほどの歴史のあるお寺だけど、倒壊、増築を繰り返し今の形になったそう。
普段入場料は20元だけど、旧暦1日と15日は無料だそうで、偶然無料で中へ入れました。ラッキー♪

長い線香を持って熱心に拝む姿は台湾と同じ。
お寺の周囲にはしつこい占いのおじさんたちがたくさんいて、初め、宗教の勧誘かと思ったけど、単にお金が欲しかったようです。
でもそのおじさんに道案内してもらって約束のレストランのあるビルに無事到着。

愚园路68号昌品3階の八海山という日本料理店。結構高級なのだけど、今日は全部5.9折(41パーセント引き?)。みんな、こういうの探すのが上手いです。
この割引値段でオーストリアでこんな日本料理はなかなか食べられません。

その後、行列のできる店で肉買ったり、喫茶店でお茶したり、お友達と出かけると、何やらいろいろ出費はあるのですが。まあ、楽しければいいのです。
明日もやっぱりお出かけです。
絵も、これからぼちぼち描いていきます。ようやくちょっとやる気が出てきました。

01.jpg
03.jpg
04.jpg
02.jpg
05.jpg
06.jpg
posted by Kazuko at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

中華芸術宮へ

本当に暑い毎日が続いてますが、それでもあちこち出かけてる私。
日曜日、旦那と散歩に出かけたら、同じ棟で、いつも英語で話しかけてくるおばちゃんにまたばったり。歩きながら「この辺に中国画の教室ないですか?」と聞いてみたら、「社区の教室があるよ。明日コンピュータの授業に行くので、その後11時半頃、資料持ってきてあげる。」

おばちゃん、きっちり11時半にうちに資料持ってきてくれました。
中国画や書道、踊りやら歌やら楽器やらいろいろ。そして、なんと全部無料。
こんな社区の学校が、あちこちにあるようです。今まで私が聞いただけで4つの学校が。きっとまだまだたくさんあると思います。
でも、どの教室ももう夏休み。
こんなことなら、ちょくちょく会ってた(あまりやる気のない)台湾人のお友達に聞くんじゃなく、近くの公園へでも行っておばちゃんたちに聞けばすぐに見つかっただろうに・・。
今更言っても仕方ないし、絵の講座はどこも席が開いてるそうで、始まった日に見学してみて申し込んで大丈夫だそうです。

それから、大家さんも、検索して見つけた中国画の教室を紹介してくれました。
電話して聞いてみたら、平日もやってるけど、ちょっと授業料高め。1時間半でグループレッスンで200元(約4千円)、高いよね?場所代とか考えると仕方ないかもしれないけれど、無料の教室もあるのに・・。ま、先生よければOK!ということで、水曜日見学に行くことに。

午後、お隣さんに図書館に誘われたので本を返却&図書カード作りに。
まずは産婦人科へ検診に。
お隣さん、来週出産予定だったのに、すぐに入院することに。羊水が少ないからだそう。3日以内に出産予定だそうです。


それから図書館へ。彼女は返却だけして先に帰宅。私はゆっくり本を探すことに。
・・・と思ったら、今度は窓に網戸をつける会社の人から電話で、「これから行っていいですか?」
午前中電話がなかったから大丈夫かと思って出てきたら、やっぱり大家さん、月曜日に連絡取ってくれたよう。
夕方5時半に約束して、無事、網戸の寸法測ってもらいました。取り付けは2日後。
本当に、何をやるにも素早いし、みんなきっちり約束守ってくれます。


今週はいろいろやりたいことがあったので、火曜日、大家さんに推薦してもらった中華芸術宮(上南路205号)に行ってみることに。
お昼頃芸術宮着。なかなかすごい外見。ほとんど無料なのだけど、特別展は20元。よく分からないけど特別券チケットも購入して中へ。
中に入るとまず、エレベーターで12階へ。広い!巨大な空間に洋画や中国画、彫刻等など、ずらっと並んでいます。見落としていて後でもう一度上がって来たのだけれど、特別展も12階に。巨大な中国画が壁に映し出され、アニメーションで絵の中の人物や乗り物等が動きます。
すごいのはすごいのだけど、私は本物の絵を見るほうがよいです。

12階から8階までたくさんの展示場(2〜7階は何もないよう。外見見ると納得)、売店などを見て周り、ちょっとぐったり。そして冷房も効いててまたげほげほ。
どうせほとんど常設展だし、次回ゆっくり見ようと1階へ。
1階にも展示場があるというので行ってみると、これまた巨大な空間に巨匠の作品がずらり。こんなにたくさん中国画が展示してあるとは思わなかったので、のんびりお昼から出てきたことをちょっと後悔。さらに行きたいところもあったので。
ま、無料だからお友達とまた来よう。
ここはも少し入場料取ってもいいと思うのだけれど、不思議だな。
外はやっぱり蒸し暑いけど、喉のためにもちょっと一息。


それから地下鉄に乗って福州路まで。
本屋さんでちょっと探し物。・・・といっても、あまりにたくさんあるので、すぐに欲しい本が見つかって危険です。結局また4冊買ってしまいました。

本屋の上階で「海上十名家書画展」なるものが。
早速入ってみるとなんとも私好みの山水画が。车鹏飞、汪家芳という
国家一級美術師、上海中国画院画師などいろいろ肩書きのついている上海の画家さん。
習いたくても敷居が高すぎるんだろうなあ・・・。

先生探しは永久に続きます・・・。


ところで、最近ますますコンピュータの調子がいまいちに。ちゃんと動いてるんだけど、ネットのつながりが悪い上、さらには電源のつながりまで悪く。手で押さえてないとすぐ電源がなくなってしまいます。
コンピュータはまだまだ元気なのに、買い換えたコードの接続の問題。コンピュータ、10年くらい前の型なのでいつ壊れても驚かないのだけれど、なかなかしぶといです。今度買い換えるなら、一番単純で壊れにくいコンピュータがいいです。
ブルーレイも、変なソフトも要りません。タッチパネルも嫌です。

写真は、中華芸術宮の外観と中。
DSC04423.jpg
DSC04426.jpg
DSC04440.jpg
DSC04451.jpg


posted by Kazuko at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お絵描き (Malen) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

大家さん招待

猛暑が続いています。
それでもほとんど冷房をつけない私たち(笑)。
私は病明けだし、暑さにも強いので我慢できるのですが、旦那は汗だくになりながら、冷房要らない・・・と(笑)。

いろいろ聞きたいこともあったし、これからもお世話になるので大家さん一家を招待することに。
前日夕方、近く(といっても歩いて15分ほど)の市場へ買出しに。
1階に八百屋、肉屋、果物屋、卵屋、米屋、牛乳屋などなど、2階はスーパーで、大抵なんでも見つかります。
しか〜し、夏になったらむっとする暑さ、それと臭い・・・。
一番最初にいろいろ話をしたおばちゃんのところで野菜を。香菜は?と聞いたら、しなしなの香奈をくれた・・。
市場は朝一番に行くに限ります。

帰宅後、大根の甘酢漬けを作ろうと大根を切ってみたら中身が茶色に。
結局全部捨てて、翌朝別のスーパーに買い物に行くことに。
夏の間は、あの市場はしばらくやめておこう。


もうひとつのスーパーはもう少し遠いのだけれど、地下鉄で行けばとても便利。
スーパーまでほとんど歩かないでいいので、いまいち運動にならないのですが。


帰ってきてから戦闘開始。部屋を片付け、料理の準備。招待は晩御飯だけど、昼食も作ってなんやかんやしてたらあっという間に夕方に。
IKEAで買った中華鍋で筑前煮のようなものを煮ていたのですが、レンコンがなかなか柔らかくなりません。でもどんどん黒くなっていきます・・。
汗だくになったのでシャワーを浴び、それから冷房スイッチオン!

てんぷら、スープ等、最後の仕上げを。筑前煮はますます黒色に。
大家さんたちは、きっちり時間通りやってきました。

大家さんの奥さん、一番最初に会ったときはちょっと気難しそうに見えたのですが、それ以降は、いつ会ってもとても親切。旦那の着ない服使って作ったカバーとか、絵とか、何見ても褒めてくれます。磨き上げたキッチン、ようやく見つけたトイレの便器の蓋、滑りのよくなったドアにも感動してくれます。もしお義母さんが見たら、まだまだ磨きが足りないのだけど。

ひとつの部屋だけ網戸がついておらず、時々風を通したいのですが、鳩がたくさんいて羽が飛んで来る、と伝えたら、網戸、つけてくれるそうです。
やったあ。

咳も、暑さのためか、この前の下痢で全部菌が出て行ったのか、よくなっちゃいました。
このまま元気に秋が迎えられますように!

写真は夕食の様子と、IKEAで買った中華鍋。さびるし、料理が黒くなるし、最悪です。今度買い換えます。
DSC04414.jpg
DSC04415.jpg



posted by Kazuko at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

風邪回復・また修理・扇風機

風邪、二日間は熱でおとなしくしてたけれど、水曜日はちょっと回復したので、週末から水漏れしてた水道管を見てもらうことに。
管理事務所(屋業)に言って伝えると、午前中のうちに修理の人が来てくれました。
水道管は栓をしっかり閉めたりして完了、もうひとつ、トイレのドアの滑りが悪かったのでこれも直してもらいました。
お兄さん「これはちょっとややこしいよ。」とかいいつつ、ドライバーでネジを開けて、それでも15分位で修理完了。

普通は修理は無料でサインすればOKなのですが、ちょっとチップも必要のよう。
お兄さん帰り際に「今回はいいけど、次回はお金もらいます。」みたいなことを言って帰りそうになったので、私「いくら?」と聞くと「20元。」と。
20元なら安いものですが、今度大家さんに相場を聞いてみよう。


今日は、唐さんが娘ちゃんとと一緒に朝からうちに。
これから彼女達やろうとしている日本とのお仕事での質問のため。・・・といっても、私が手伝えるのはちょっとしたアドバイスと手紙の翻訳くらいなのですが。
一からのお仕事、大変だと思いますが、がんばってもらいたいです。
掃除ももうちょっとがんばってもらいたいですが(笑)。

その後、ちょっと買い物に付き合ってもらいました。
昼間はやっぱり暑いけど、冷房は苦手なので、扇風機を買いに。
扇風機の値段もやっぱりぴんからきりまで。100元以下から数千元のものまで。
私はなんでもよかったので150元ほどの小さな卓上扇風機を。色と形がなんかかわいかったので。

テレビ台に置いたら、なんかテレビに掛けてるカバー(旦那の一度も着たことのないアロハシャツ)になんか合ってる?

午後はうちでクッキー作り。唐さん、クッキー一度も作ったことがないそう。でもすごく気に入ったらしく、オーブン欲しいそう。
娘ちゃんは居間のマットレスでもおおはしゃぎ。ぴょこぴょこ飛び跳ねてました。
やっぱり一番の子供の遊び場になりそうです。
私たちも毎晩交代で寝てますが(笑)。

写真は、丸めたクッキー運ぶ娘ちゃん。居間の扇風機と右端は暖房兼冷房機。スイッチ入れると白い霧のようなものが出てきて、すぐに寒くなります。今晩は涼しくて、扇風機の弱で十分でした。後から気づいたけど、ちゃんとタイマーもついてた!
mmexport1437698062839.jpg
DSC04411.jpg
posted by Kazuko at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

上海動物園付近へ・またまた風邪・・?

日曜日、上海に来て初めて、日本人のお友達と約束!
5月から上海で話をしたのは、領事館のお兄さんとだけ。
こんなに出歩いてるのになぜ誰にも出会わないんだろう?

でも、毎日旦那と日本語話してるし、台湾人のお友達もいつも誘ってくれるし、お隣さんも優しいし、寂しい訳でもないのですが。

日曜日は、お友達が住んでいるところの周辺に、私がちょっと行ってみたいこところがあったので、少し早めにお出かけ。
目的駅の上海動物園で、下りるとすごい人!動物園の切符売り場は何箇所かあるのに、どこもすごい行列です。私は行くなら、涼しい時期の平日に行きたいな。


駅から歩いて少し行ったことろのマンションの一角に水墨縁という場所があり、画家さんたちが絵を描いているとのこと。
師範大学の美術学院の学生さんが連れて行ってくれると言っていたのですが、なかなか連絡が来ないのでちょっと行ってみることに。

マンションの入り口が分かりにくく手間取りましたが、どうにかそのマンションの中へ。
そして、部屋のベルを押してみましたが、誰も出てくる気配なし・・・。もしみんなで描いていたら、誰か出てきてくれてもよさそうなのに・・・。

そこでお隣さんに尋ねることに。
お隣さんによると、確かに絵の先生が住んでいて、今日も見た、とのこと。
でも、どういう先生かも分からないし、習いに来るにしても遠いし、やっぱりもっと下調べして出直すことに。


お友達の待ち合わせのカフェの向かいは図書館だったので、そこで時間をつぶすことに。
私は本はあまり読まないのですが、料理や絵、健康等に関する実用書を読むのは好きです。
あっという間に時間は過ぎて待ち合わせの時間に。


メールでしかやり取りしたことのないお友達だったけれど、小さなカフェだったので、すぐお互い発見。
日替わりサンドイッチ&コーヒーセットがお得だったのでそれを注文。
普通、上海ではコーヒーだけで25元はするのに、セットで30元というお得な値段。
出てきたら、すごく大きくてまたびっくり。さらにマヨネーズがどっちゃり入ってたので、二切れ食べたことろでギブアップ。

お互いのことやら携帯のことやらいろいろ話していたら、気がついたら一気に時間が過ぎていました。ほぼ同い年だし、上海で初めて会う日本人のお友達だし、話したいことや聞きたいことは山ほどあります。台湾生活が長かったので、なんでもずばずば聞いてしまう癖があるのですが、初めて会った人たち、ごめんなさい。

まあ、これからお互い長く上海に住むことになるだろうし、話はまた次会に。
カフェから彼女の住んでいる周辺までちょっと散歩し、バスに乗って今度は直接地下鉄2号線駅へ。


地下鉄に乗ると、冷房の効きすぎとすごい風で咳が出てきます。だから必ず上着を持ち歩いているのだけれど、それでも足りなかったのか、家に帰るなんか鼻水が。

旦那が「風邪引いたの?」
私「そんなことないよ。」←ぜんぜん自覚のない私。

その日、サンドイッチ2切れしか食べてなかったのだけど、食欲なし。
喉だけ渇いてたのでひたすら水を。


夜中、暑いせいかなんだかなかなか寝付けません。トイレにも何度も起きて、結局居間のマットレスでごろごろ。寝たんだか寝てないんだか・・・。気がついたらどんどん鳥のさえずりがうるさくなってきました。

なんだかだるいので、旦那が会社に行ってから再び寝なおし。
11時ごろ起きてもやっぱりだるくて頭痛いし喉も痛い・・・。
なんか熱い?と思って熱を測ってみたら、37.8度ほど・・。
私は普段すごく低体温なので、私にとって37.8度は高熱なのです。
だるいわけだ。

暑い中布団にくるまってテレビ見たりネットみたり。
残ってたご飯食べて、午後ぐてぐてしてました。

熱はなかなか下がる気配なし。葛根湯を飲んでも効果なし。


夜、台湾人のお友達に微信で助けを。
息子さんが中医であるお友達がいうには、中薬(漢方の風邪薬)を飲みなさい。
ビタミンと水分をたくさん取って!


分かっちゃいるけど、最後にやっぱりパブロンに手が出てしまいました。
今日はちゃんと寝ることができますように!
そして、早く、風邪が治りますように!

写真は、上海動物園の入り口と、カフェで食べたお昼セット
DSC04401.jpg
DSC04405.jpg
posted by Kazuko at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

便器の蓋取替え

今まであちこち探して見つからなかった便器の蓋、お友達の旦那様に連れられ五金行(金物屋)やタイル、浴室用品などがずらっと並ぶ通りへ。
こんなにたくさん同じような店が並んで商売が成り立つのかいつも不思議なのですが、きっとそれぞれお得意さんがいるのでしょう。

いくつかのお店で尋ねつつ、ようやくTOTOの便器等たくさん置いてあるお店で大きめのサイズの便器の蓋をを倉庫から探してきてもらいました。
旦那様が「大家さんということで値切ってもらおう。」と150元のところ120元で売ってもらいました。

ちょうどお昼になったので、帰り道沿いにあった台湾人のやっているお店へ連れて行ってもらいました。
到着してみると3軒くらいずらっと台湾料理のお店が。
その中の一軒へ。
親切なご主人が漬物をサービスしてくれました。

今回は絶対私たちのおごり・・・のはずが、気がついたら旦那様、レジの方へ。私も一緒に駆け寄りましたが、負けてしまいました・・・。
オーストリアやドイツでは滅多に起こらない支払い合戦。
こちらではたびたび遭遇します。
結局、帰りに買った果物の中にお金を隠して車の中に置いて来ました。

やっぱり後から電話がかかってきて、なんとも遠慮深い旦那様。

お仕事中だったのに、遠くまで便器の蓋探しに行ってくれ、さらに取り付けまでやってくれました。オフィスの室内設備関連のお仕事されてて専門家でもあるのですが。

部屋がどんどん快適になっていきます。浴室の窓開けてるけど、部屋で蚊を見たこともまだありません。これが一番大事。
ここ数日涼しくて冷房なしでもまだ十分やっていけます。
なんだか今はオーストリアの方が暑いようです。

写真は通った五金行(金物屋)通り(たぶん板泉路?)、お昼ご飯の台湾小吃、そして、きれいになった便器!絶対全部買い換えたかった便器だけど、復活です。エコ一番!
01.jpg
02.jpg
20150718_202041_resized.jpg
posted by Kazuko at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

特価広東料理&カシミア街へ

台湾人のお友達がまたまた昼食に招待してくれました。
今回は、高級広東料理が4人で564元のところ198元に!というなんとも魅力的な企画!

いくつか決まった料理の他、8つの料理から4つ選択できます。
飲み物は、普通のお水(開水)を注文。

最初に、豚肝を煮て作ったスープが。なかなか美味。
それから注文した料理が運ばれて来ます。
びっくりしたのは、自分で食べるための箸と大皿から取る箸がそれぞれ置いてあること。
慣れないのでたまに間違っちゃいましたが。

それと、お水は熱いお湯でした。日本だと氷の入ったお水が出てきそうですが、中国ではまずそんなことはありません。高級レストランでも、ミネラルウォーターを頼まない限り、水道水を沸かしたお水っが出てくるようです。

料理の味は結構薄めで、日本人好みの味、というか私好みの味でどれもおいしかったです。
皆小食でだいぶ残ったのでお持ち帰り。
夕食も作らずに済み、なんともお得なお昼でした。


昼食後は、なぜかお友達の家の近くにあるカシミヤ服専門街へ。
この暑いのになんで?と思ったけど、やっぱりたくさんのお店が夏季休業しているようでした。
開いているお店をいくつか物色。

カシミアセーター1枚4790元(約10万円)?
お友達は安いって言ったけど、やっぱりどの店も高い・・・。

誰も何も買わず、近くのお友達の家でコーヒーをいただきました。
お友達のおうちはちょっと変わった1階から3階までの縦長い一軒家?
うちよりちょっと家賃安いけど、200uの広さ。トイレも3つか4つくらいあるみたい。
こりゃ掃除が大変。私でも阿姨(お手伝いさん)が必要です。

というか、二人だけでこんなに広い部屋、要らないです。

今日は、息子さんが中医(東洋医学のお医者さん)、もうひとりのお友達が中医に行って薬が高かった、などなど医療の話で盛り上がっていました。
そういう彼女たちは10年以上上海に住んでいるけれど、誰も健康保険、持ってないそうです。
とにかくやっぱり薬が高いようです。



現在夜中の2時・・・。気持ち悪さに目が覚め、トイレに駆け込んだらすごい下痢・・・。3回くらい駆け込んだ後、吐き気が頂点に達し、2回嘔吐。
インドでも大丈夫だった私なのに、本当に久しぶりのすさまじい下痢です。
もう2度と、夏にお持ち帰りはしないと誓ったのでした。
残りのほとんどを食べた旦那、大丈夫かなあ・・・?



翌朝。旦那、何も問題なし。
私、いったいなんだったのでしょう?アレルギー反応か?それとも単に食べすぎか?
吐いたら気持ち悪さはすぐよくなったのですが。



写真はレストラン(桃花源;碧云路1177号)の料理(もう一品鶏肉とキノコの煮込みが)、カシミヤ衣料品街にて
DSC04380.jpg
DSC04381.jpg
DSC04383.jpg
posted by Kazuko at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

養生三豆湯・水電ガス料金・昨日くれなかったおつりをもらいに

昨日のブログに書いていないエピソードがもうひとつ。
昨日、家乐福で電気製品を買ったのですが、339元だったので400元払って待っていたら、おつり61元と書かれたレシートだけ渡されただけ。

私「おつりは?」
レジ係り「今あげたでしょ!神経病!」とかなんとか文句を言って私の財布を奪い、「ここに渡した50元入ってるでしょ!」と・・・。50元札が2枚・・・?
その人、私が払う前からすごい文句を吐き散らしていたのでそれを聞いていてぼーっとしていて私も記憶が曖昧になってきたのであきらめて撤退。

帰宅後、北京に出張に行っている旦那とこの日の収支決算を。
私「今日使ったお金、○○元、○○元・・・。財布に残ってるお金は439元。」
旦那「61元足りない!やっぱりおつりもらってないじゃないか!明日お金もらって来い!」

なんとも細かい旦那ですが、いつもぼーっとしている私には収支決算、必要のようです。ただ、毎月の生活費がだいたい何がどれくらいかかるか知りたいだけのようですが。


早速翌朝家樂福へ。3日連続でその周辺へ行ったのですが、行き方は地下鉄とバス乗り継ぎで無数にあり、毎日違うルートで。

家乐福の電気コーナー着。どうやら隔日で店員さんが交代するようで、昨日の店員さんたち誰もいません。
サービスカウンターで苦情を。
そして、しばらく誰かと電話で話をした後、すんなり61元渡されました。

確かに、文句を言われるより、さっさと払っちゃったほうがいいのでしょう。滅多にそんなお客さんもいないだろうし。ちょっと拍子抜け。

私「明日、あのレジ係り、注意してやってくださいね。」と、帰って来ました。
でも、喧嘩せずに済んだのでよかったかも。

それからまたスーパーでいろいろ買い物したのでうちへ直行。


今日は、先日お友達に教えてもらった三豆湯というのを作ってみました。
年に一度、人体表面の気・血が一番旺盛なこの時期に、この三豆湯を食べると、冬病気になりにくいそう。暑さを飛ばし、あせもや湿疹、だるさ等を防ぐそう。

作り方は、各同量の小豆、緑豆、黒豆を好みの甘さで煮るだけ。
7月13日から8月21日までの間に、週に2回くらい煮て、食べればいいそうです。(豆類にも毒があるのであまり食べ過ぎるのもよくないようです)
作り方のところに、各20gと書いてあったので、毎回それくらい食べればいいのかな?

結局、各100gの豆を煮てみました。
まず最初に沸騰させて湯を捨て、それから再び水、塩少々、氷砂3かけらくらい入れて、圧力釜の低めの1リングに設定して沸かしていたら、5分もしないうちにぴーーっと音が鳴り始めました。
一番小さな火にしても鳴り続けたので、火を消しそのまま放置。

30分後位に圧力表示ピンが下がってから蓋を開け、試食。
食べられないことはないけど、ちょっと硬いところが残ってる感じ。
というわけで、もう一回ピーっと鳴らして放置してみました。

今度はなんだか煮すぎ。やっぱり1回煮るだけで十分のようです。

それにしても、1時間以上煮ないといけない豆も、5分程の弱火の加熱で済む圧力鍋、なんともエコです。
蒸気もほとんど出ないので水の節約にも。ミネラルウォーター、毎回買ってくるのも重いのです。

上海の水道水、私達の住んでいるアパートでは、以前のネット記事で書かれているような色も臭いもないし(ホテル住まいのときは、うがいのとき変な味がしたので最後にミネラルウォーターですすぎ)、みんな料理に使ったり、沸騰させて飲んだりしているようです。


もうひとつ。
今朝7時10分頃、ドアをノックする人が。女の人の声だったので開けてみると、ガスメーターのチェックでした。2ヶ月に一度調べに来るそうです。
計算して料金表を郵便箱に入れてくれるそうです。

水道料と電気代は、まだ前回の住人の5月分だったのですが、どちらも100元ほど・・・。冷蔵庫つけてなかったんですが。
今は切れてた電球もつけて明るさが倍になったので、きっと電気代も倍に?それでも安いです。
DSC04375.jpg
posted by Kazuko at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気・健康(Gesundheit) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

居間に掛け軸とベット・長生学

大家さんのベットのマットレスが硬いから引越ししたお友達にもらったマットレス。うちに合うベットがないので結局居間においたままです。
家楽福で買ったシーツがいかにもシーツなので、もちょっと見栄えがいいのを探したのですが、デパートに行ったら家楽福の70元から1000元に値段が跳ね上がり、手が出ません。そんなに質は変わらない気がするのですが。

今日はHolaというお店に行ったら、セットの残りのシーツが安くなってるとのこと。値段は150元。うちの居間に合いそうなのを選んで買ってきました。
帰ってきて取り替えてみて写真撮影。シーツがちょっと派手すぎるかなあと思ったけど、微信でみんなに聞いてみたら大家さんが、「絵とシーツの柄がよく合ってる!」って。
大家さんが気に入ってくれたからよしとします。今度うちに招待するので。


それから、数日前から、オーストリアの中華レストランのご主人にもらった「長生学」というDVDを見ているのですが、それは、ひたすらさまざまな病気が治った人たちの体験段でした。
脳性麻痺、リウマチ、神経痛、心臓病、視力、聴力、歩行困難、頻尿、咳、不妊、。。。さらには犬や金魚、コンピュータや携帯まで治した体験談も(笑)。

そこまでくるとなんだか怪しく思ってしまうのですが、台湾のお友達もコースを受けて長年続いていた咳が治ったと、ちょうどオーストリアを出発する前、スカイプで教えてもらっていたので、まんざらいんちきでもなさそうです。

オーストリアの中華料理店のご主人も授業を受けたことがあるそうで、咳が2ヶ月以上続いている私に施してくれました。
咳を治す方法は、まず深呼吸して、片方の掌を頭の上に、片方を喉に30分ほどあてているというだけ。
咳にはのどを暖かくするのが大切なので、これは効き目はありそうです。
テレビ見てるときや寝るとき、地下鉄やバスに乗っているときなどやっていました。

私の場合は、風邪が治ってからは、動けば大抵咳が止まって、いつの間にかよくなったので、長生学が役立ったのかはよく分からないのですが。


ちょっと興味が沸いてきたのでネットで検索してみました。
どうやら台湾人が始めた治療法のよう。いくつかの国に支部があるようでいろいろ説明してありました。
http://long-evitology.com/note.php?nID=4

おおまかな説明は
「宇宙能力を利用して自分や他の人の治療をする方法。長生学では人体を大きく7つのツボに分け(ツボのサンスクリット語では『CHAKRA』ということより)C1〜C7とよぶ。それぞれの効能のあるツボを開くと宇宙能力が体内に入り、身体・精神状態を調整する。このそれぞれのツボが正常でない状態で活動したとき様々な疾病が生じる。」
とのことです。

治療法はたぶん、疾病に関するツボ、患部を掌で押さえ続けるという感じ。
その前に深呼吸し、落ち着いた、心地よい状態でやるのが重要のようです。

なんだか最近流行っているヒーリングやレーキのような感じですが、違うのは、実際手を患部にあてるということ(ヒーリングやレイキ、よく知らないのですが)

それと、長生学の初、中、上級コースのすべてが無料だということ!これはびっくりです。
先生が教え、さらに生徒たちがボランティアで受け継いでいくというシステムです。
今では台湾の地方各地、世界各地に調整所があるようです。

最近法外な値段でヒーリング等があちこちで行われているのをネットでよく見かけるのでずが、この長生学システムはすごいです。もし上海人が始めていたら、すごい健康ビジネスになっていたと思います(笑)。


実際に受けたお友達にまた尋ねたいのですが、数日前から連絡取れない状態です。


咳はほとんどよくなったものの、今度は忘れていたブリッジしている顔右半分の不快感、夜中の頻尿などなど、問題は後から後からでてきます。
これから長生学で試してみたいと思います。


去年の1月からワークショップ、うちでの絵の授業、いろんなものが順調に行き始めていた矢先の咳。
そして上海への引越し。

上海に来てから、3年以上連絡を取っていなかった二人のお友達から突然連絡があり、いろいろ病気で苦しんでいることを知りました。姉は、今年になって3回も腸閉塞で入院したそう。


きっとこれも何かの縁。せっかくアジアにやってきたのだから、長生学、漢方の勉強をして、苦しんでるお友達や家族を助けることができれば、と思います。もちろん自分のためにも。


写真は居間の様子、オーストリアで受けた長生学術、それからおととい食べた昼食。
蟹、海老、鮭、トビコ満載、マヨネーズどっちゃり濃厚カリフォルニア巻きでした。

02.jpg
01.jpg
DSC04349n.jpg
posted by Kazuko at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気・健康(Gesundheit) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

台風去って

金曜日の午前中、午後から台風のためお天気が悪くなるというので買い物へ。
でも、午前中はなんだか青空の見えるよいお天気。

土曜日のお昼、久しぶりに会う台湾滞在時のお友達家族を招待・・・の予定だったのですが、土曜日のお昼前お友達から約束の1時間暗い前電話がかかってきて「ママと娘は台風怖くて来ないって・・。」と。
そしてあと二駅で着くって・・・。

あわてて残りの料理を量少なめに作っているときにお友達が到着。
ちょうどてんぷらを揚げているときだったので、先に食べてもらいつつ、てんぷら揚げ。
というわけで、今回は写真なし。

実は奥さんは妊娠8ヶ月だったそう。それじゃ出たくないのは分かるけど、最初に言ってくれれば別の日を選んだのになあ。
でも、台風はそんなにたいした風ではありませんでした。上海には滅多に台風が来ないから、たまに来ると怖いよう。


ところで、奥さんはお医者さんだったそうですが、やめてからいくつかの会社を転々としているそう。
やめた理由というのが、給料が低いのと賄賂のシステムが嫌になってとのこと。
うわさには聞いていたけど、やっぱりいいお医者さんに手術とかしてもらいたい時は賄賂がものをいうよう。
こちらのお医者さんは同じ病院でも人気の先生たちは治療費も高いそうですが、診てもらいたい患者さんも多いのでお金持ちが賄賂をあげるのかと思ったら、お友達によれば、田舎からやってきた農家の人たちがすごいお金をはずむそう。ほんとかなあ?

病気も診てもらったり検査をしてもらうのは高くないそうだけど、薬がとても高いそう。お友達は毎月糖尿病の薬だけで6万円くらいかかるって。
お医者さんは、給料は安いけど、患者さんからと製薬会社からの賄賂でなかなかの収入があるそうです。

オーストリアで2年分の薬もらってきていてよかったです。
でも早く、曙光医院の漢方だけの内科のSLEのお医者さんがどんな治療をするのか知りたいところなのですが。


翌日、台風は去り風も穏やかに。
旦那について会社のオフィスへちょっとネットを使わせてもらいに。
お金さえ払えば中国でも簡単にFacebookとかgoogleとか使えるのですが、国内の情報は百度で十分検索できるし、忙しい中国人はあまり興味がないようです。映画は安いコピーDVDで見れるし。

外に出ると小雨も上がり、よいお天気に。
道路には両側から水スプレーを吹きながら走る車が通った後、トラックで葉を集める人が。
12階の部屋の中ではあまり気づかなかったけど、それなりに風が吹いたようです。

もうひとつ、会社の後ろの公園の写真を。長い公園の向こう側には、たくさんの企業のオフィスが並んでいます。
01.jpg
02.jpg
posted by Kazuko at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。