にほんブログ村
にほんブログ村

2015年07月15日

養生三豆湯・水電ガス料金・昨日くれなかったおつりをもらいに

昨日のブログに書いていないエピソードがもうひとつ。
昨日、家乐福で電気製品を買ったのですが、339元だったので400元払って待っていたら、おつり61元と書かれたレシートだけ渡されただけ。

私「おつりは?」
レジ係り「今あげたでしょ!神経病!」とかなんとか文句を言って私の財布を奪い、「ここに渡した50元入ってるでしょ!」と・・・。50元札が2枚・・・?
その人、私が払う前からすごい文句を吐き散らしていたのでそれを聞いていてぼーっとしていて私も記憶が曖昧になってきたのであきらめて撤退。

帰宅後、北京に出張に行っている旦那とこの日の収支決算を。
私「今日使ったお金、○○元、○○元・・・。財布に残ってるお金は439元。」
旦那「61元足りない!やっぱりおつりもらってないじゃないか!明日お金もらって来い!」

なんとも細かい旦那ですが、いつもぼーっとしている私には収支決算、必要のようです。ただ、毎月の生活費がだいたい何がどれくらいかかるか知りたいだけのようですが。


早速翌朝家樂福へ。3日連続でその周辺へ行ったのですが、行き方は地下鉄とバス乗り継ぎで無数にあり、毎日違うルートで。

家乐福の電気コーナー着。どうやら隔日で店員さんが交代するようで、昨日の店員さんたち誰もいません。
サービスカウンターで苦情を。
そして、しばらく誰かと電話で話をした後、すんなり61元渡されました。

確かに、文句を言われるより、さっさと払っちゃったほうがいいのでしょう。滅多にそんなお客さんもいないだろうし。ちょっと拍子抜け。

私「明日、あのレジ係り、注意してやってくださいね。」と、帰って来ました。
でも、喧嘩せずに済んだのでよかったかも。

それからまたスーパーでいろいろ買い物したのでうちへ直行。


今日は、先日お友達に教えてもらった三豆湯というのを作ってみました。
年に一度、人体表面の気・血が一番旺盛なこの時期に、この三豆湯を食べると、冬病気になりにくいそう。暑さを飛ばし、あせもや湿疹、だるさ等を防ぐそう。

作り方は、各同量の小豆、緑豆、黒豆を好みの甘さで煮るだけ。
7月13日から8月21日までの間に、週に2回くらい煮て、食べればいいそうです。(豆類にも毒があるのであまり食べ過ぎるのもよくないようです)
作り方のところに、各20gと書いてあったので、毎回それくらい食べればいいのかな?

結局、各100gの豆を煮てみました。
まず最初に沸騰させて湯を捨て、それから再び水、塩少々、氷砂3かけらくらい入れて、圧力釜の低めの1リングに設定して沸かしていたら、5分もしないうちにぴーーっと音が鳴り始めました。
一番小さな火にしても鳴り続けたので、火を消しそのまま放置。

30分後位に圧力表示ピンが下がってから蓋を開け、試食。
食べられないことはないけど、ちょっと硬いところが残ってる感じ。
というわけで、もう一回ピーっと鳴らして放置してみました。

今度はなんだか煮すぎ。やっぱり1回煮るだけで十分のようです。

それにしても、1時間以上煮ないといけない豆も、5分程の弱火の加熱で済む圧力鍋、なんともエコです。
蒸気もほとんど出ないので水の節約にも。ミネラルウォーター、毎回買ってくるのも重いのです。

上海の水道水、私達の住んでいるアパートでは、以前のネット記事で書かれているような色も臭いもないし(ホテル住まいのときは、うがいのとき変な味がしたので最後にミネラルウォーターですすぎ)、みんな料理に使ったり、沸騰させて飲んだりしているようです。


もうひとつ。
今朝7時10分頃、ドアをノックする人が。女の人の声だったので開けてみると、ガスメーターのチェックでした。2ヶ月に一度調べに来るそうです。
計算して料金表を郵便箱に入れてくれるそうです。

水道料と電気代は、まだ前回の住人の5月分だったのですが、どちらも100元ほど・・・。冷蔵庫つけてなかったんですが。
今は切れてた電球もつけて明るさが倍になったので、きっと電気代も倍に?それでも安いです。
DSC04375.jpg
posted by Kazuko at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気・健康(Gesundheit) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。