にほんブログ村
にほんブログ村

2015年11月14日

上海で初めての病院・近所でまた新しい発見

オーストリアで4月に定期検査してから6か月。体調も問題ないし薬もまだまだたくさんあるけど、中国の病院事情も気になるし、飲んでる薬が必要なのかも分からないので検査に行って見ることに。

金曜日、電話での病院の予約、10時から11時の間と書いてあったけど、ちょっと早めに出発して9時前に病院に着きました。
受付の前は思ったより少ない人たち。就医記録冊というのをとって、受付で掛号。これで初めて順番が決まり受診できます。掛号費21.5元払い、病院のカードをもらって、風濕科(リウマチ科)のある4階へ。そしたら専門医の門診は9階とのこと。


9階はさらにがらがら。9階の受付でもう一度カードで登録。
自分の順番が来ると電光掲示板に名前が表示されます。

掲示板に名前が出てきたのはやっぱり時間通りの⒑時。名前が点滅したら診察室に入ります。
中にまだ人がいるから外で待ってたら、助手のお医者さんが私を呼びに。

前の患者さんと私が先生と二人の助手の先生に挟まれる感じで座り、なんじゃこりゃ状態。

そういえば台湾でも二人ずつ診察室に入ってたけど、カーテン越しだったな。

今回は前の患者さんと隣合わせだけど、どうせ誰も気にしないし、私は構わないです。

そして私の番。

SLEを発症してからドイツ→オーストリア→台湾→オーストリア→ドイツ→台湾→オーストリア、そして上海と国際引っ越しだらけの私達。

国によっていろんな基準値や検査方法も違うし、お医者さんに私の状況を伝えるのは一苦労です。
というわけで、発病年、症状、飲んできた、飲んでいる薬等を1枚に簡単にまとめてお医者さんに提出。

私は5年位前から血液・尿検査の結果、補体等、ほぼ正常。
ただいくつかの抗核抗体が異常に高いだけ。
いつも陽性なのは抗RNP抗体、抗SSA抗体、いつも陰性なのは抗SSB抗体、抗dsDNA等。
ANA値は体調がよくなってからもずっと1280倍程。一番高いときは10240倍。
抗dsDNAはいつも陰性なのに度々検査されます。
今回全部自費なのでしっかりこのことを書いていたのに、今回もやっぱり検査項目に入ってました。たぶんSLEの検査項目が決まっていて、私のために必要なものだけ選んではくれないのでしょう。

甲状腺機能低下の薬も飲んでいるので甲状腺の検査もやってもらうことに。

私が「だいたいいくらですか?」と聞いたら先生すぐに「700元程」と。実際600元ちょっと(12000円程)でした。

ちなみに曙光医院は、上海の病院の中でも設備が一番整った3級甲の西中医総合病院。私が見てもらった先生は、リウマチ科の主任医で紅斑性狼瘡専門医。こちらでは名医のお医者さんほど値段が高いそうですが(と聞いたんだけど、払ったのは掛号費21.5元と検査費の合計だけでした。来週診察費とられるのかなあ?)、それでも私立の病院や日本に比べれば安いものです。



一通り問診終わってから舌を見せて、脈取り。台湾でもこれはなかったです。

問診後、検査費を払ってから検査に行きます。
領収書にはすべての検査等、一つ一つ単価が書いてあります。全部で606元。

オーストリアやドイツは検査や診察は全部無料だったけど、毎月の保険料が高かったので、半年に一度の12000円の方が安いです。
こちらに保険はないけれど、普通中国で日本人が入ってるような海外傷害保険のようなものは私の持病の診察費は払ってもらえないので入っても無駄。

別の省からきて働いてない中国人も上海の保険はないので自費です。ただ、入院したときだけ保険が効くそう。


血液・尿検査等、カードに全部検査項目が入っているので、どこでもカードを見せればOK。

今回の採血、針がびっくりするほどするっと入り、血もちゃんと出てきてびっくり(いつもなかなか血管見つかりません)。さすがひたすら血を採り続けている検査担当の小姐。綿で押さえられただけだったから「テープでとめてください。」って頼んだら、腕一周巻かれました。


もらった紙の検査項目の横に結果が出るまでの時間が書いてあるので、その時間になったら機械のところへ行き、検査結果を印刷することができます。
30分から、長いもので1週間程。

来週の金曜日に全部結果が出ているかちょっと微妙なので、再来週にまた予約を取って病院に行こうと思います。

ところで当日掛号、朝7時に来たという人が9時に来た私の3つ前だったので、やっぱりネットで事前予約していたほうがよいようです。


初めての病院、予約の時間通り、11時前に全部終わっちゃいました。

200人くらいお医者さんのいる総合病院なのに、結構どこでも待たずにスムーズです。



病院から15分ほど歩くと福州路。午後にお友達と約束があったので、駆け足で福州路を見て回り帰宅。
それからまたすぐ家を出て、うちの近くの当代芸術館へ。

子供達の慈善寄付展覧会を見て、それから公園内を散歩。公園内には変なオブジェがたくさん並んでいます。


公園内のレストランを覗いていたらお店の人が出てきて、レストランの入り口に貼ってあったライブハウスまでつれていってくれました。
1階はレストラン、地下にライブハウスがあり、なかなかよい雰囲気。


それからまた隣には画廊が。そこもなかなかおしゃれ。お茶を飲みつつ絵を鑑賞することができます。私の好みの絵もたくさん。


うちのすぐ近くなのに、こんなところがあったなんて。
またまた発見の一日でした。

写真1:曙光医院西院の外観(東院は横長)
写真2:2階の受付。支払いは1階。
写真3:9階の待合室
写真4:電光掲示板に表示された私の名前(長すぎて入らない)
写真5:検査項目と単価
写真6:検査項目と結果が出るまでの時間
写真7:検査結果印刷機と30分後出てきた血液細胞分析結果2枚
写真8:うちの近くの公園内の滑り台
写真9:公園内のライブハウス
写真10:公園内画廊

1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
DSC05926.jpg

5.jpg
6.jpg
DSC05904.jpg
8.jpg
9.jpg
posted by Kazuko at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気・健康(Gesundheit) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。