にほんブログ村
にほんブログ村

2015年12月07日

旅行探し・またまた客家料理

先週位から旦那が「旧正月の旅行早く探して!」と、また突然がせかし始めたので、旅行探し。
どこかでもらった旅行社の広告の頁を開き、雲南の旧正月の団体旅行検索。
結構安くてよさそうなのが見つかったので、旦那の会社の人に聞いてみると

「聞いた事がない旅行社じゃないか。怪しい。ちゃんとした会社のがいい。安いのは買い物旅行だよ!買わないとガイドさん嫌な顔するよ。」と4つ(携程、同程、驢妈妈、途牛)を教えてくれました。
中国人買い物好きかと思ったらそうでもないようです。

それぞれの頁開いてみたけど、いろんなものがありすぎて、値段もぴんからきりまで。何を選べばいいのか分からなくなってきました。
もう一人のお友達に聞いてみたら「携程がいい。」というので、週末旦那と直接携程に行ってみることに。

ネットについてた番号に電話掛けてみると、また番号を押して目的の線につなげないといけないよう。
私は開店時間と場所が正しいか確かめたかっただけなんだけど、まるで機械のような応対。
私の質問に全然答えてくれません。

旦那が「直接行ってみよう!」
これまで何度も行ってみたら存在しないことがあったのだけど、図書館に本返しに行かないといけなかったので、ついでに行ってみることに。

旅行社があるというのは地下鉄を乗り換え、駅7つ分くらいのところの地下鉄南浦大橋駅の近く。
雨の中たどりついてみると、オフィスはあったけど、がらんどう。もう一度電話してみると、どうやらオフィスは虹橋だけのよう。
行く前から疲れ果て、やっぱりネットで予約することに。

そこからはバスで図書館まで行くことに。地下鉄だと乗り換えて結構な距離。
でもなぜかバス一駅で行ける、と。バス停に行く途中、面料市なる建物発見。
ちょっと物色。
きっとここは現地の人達が買う安い布地店街かな?・・・と思ったら、科技館地下鉄駅の地下街にあるようなオーダーメイド服屋街で、やっぱり外人だらけ・・・。

すぐ通り抜けて来てバス停着。
ちょっと待ったらやってきた目的のバスに乗って切符係りのお姉さんに「浦東図書館まで!」というと、お姉さん「はあ?」
私「駅一つ分!」

旦那「一つのバス停分の訳ないだろ!」
私「百度でちゃんと調べたから!」

バス発進。それからぐるぐる2回回って、高い高架に上がり、橋を渡ってひたすら⒑q程程停まることなく次のバス停まで走り続けました。
1つ目のバス停で下り、1q歩けば浦東図書館。

時には地下鉄よりバスの方が速くて便利なこともあるのです。

図書館の食堂でご飯を食べ、展覧の絵たちを鑑賞して、本探し。
でもすでに疲れ果ててたので、すばやく2冊本を選んで帰って来ました。



翌日はまたまたお友達夫婦と食事会。
今回はもう一夫婦加わって8人で、またまた5回目の客家レストランへ。
私はちょくちょく聽不懂なので、旦那が通訳してくれます。みんなの言ってる冗談がよく分からないのです。
私と世代と生まれ育った場所も違うので、難しいです。←言い訳。中国語、もっと勉強しないと。
でも大先輩たちがいつもいろいろ私のお世話してくれ、有り難いです。
私はみんなが世話したくなるようなタイプのようです。
あぶなっかしいのでしょうか?



ところで今日は注文しすぎ!
みんな要らないというので、私達が7パック分もらって帰って来ました。
明日まで料理せずに済みそうです。


2時から太極拳に行く予定だったんだけど、ついつい食後の喫茶店へ。
3時半までは太極剣なので、3時半からの太極拳に行ったら、太極剣、先生と奥さんと生徒さん二人だけだったので、ものすごく申し訳なかったです。

奥さん「あなたのために今日は剣持ってきたのよ!これあげるから持って帰って練習しなさい!」

ものすごく大きくて重い剣なんだけど・・・。

最近アパートの下の掲示板に刀類取り締まりの紙が貼られたんだけど・・・(刀を不法に公共の場に持ち込んだら、刑罰がうんぬん・・・)

私「うちでは何か棒使って練習します!」(←たぶんしない)



なんだか今日は他にもいろいろお誘いが。

友達グループ1「明日、田子坊に行こう!」

友達グループ2「明日、芸術博覧会に行こう!」

水墨画の友達「土曜日の復旦大学のお茶会、申し込むよ!」


明日はどっちに行くかまだ決まっていません。

頭がショートしそうです。

写真1、2:南外灘軽紡面料市
写真3:バスでぐるぐる高架に上って南浦大橋へ
写真4:図書館で展示されていた水墨画
写真5:客家料理店でお昼。ダンディ旦那様達&いつも私の面倒見てくれるお友達
写真6:余って持ち帰った料理

1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

posted by Kazuko at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430798392
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。