にほんブログ村
にほんブログ村

2015年08月26日

恐怖の空調機の埃!!!

先日テレビを見ていたら「退休倶楽部」なる番組が。
そして、ちょうど空調機の掃除の仕方について説明していました。

引っ越したときに大家さんに、居間に置いてある縦型の大きな空調機の掃除の仕方について聞いてみたら「没問題、没問題!(問題ないよ!)」とか言って、何も掃除しなくていいとかいう感じ。

でも番組によると、「よく使う人は1か月に一度、あまり使わなくても、季節が変わるときにフィルターをきれいにしましょう!」と。フィルターの取り出し方を説明していました。

掃除していないクーラーの前にタオルを掛けて、クーラーをつけて一日すると、タオルには黒い埃がうっすら。
空調機の中の菌の量は便器の中よりひどいそう。
教室に座って授業を受けているおじさん、おばさんたちが「おお〜っ!」

乗用車の空調フィルターはもっとひどいので、定期的に清掃しましょう!ということでした。


それを見て、こりゃいかん、絶対大家さん掃除してないぞ、と思ったものの、⒑年の埃を見るのも恐ろしく、旦那にやってもらおうと週末待ってたのだけど、結局やらずじまい。


そして今日、絵を描いていたらどうにも喉に痰がからむので、動かないと!と思ったけど、冷蔵庫も満タンで買い物も必要なし。
とりあえず水買ってきて、それから思い切って一人で空調機の掃除をすることに。
大変なことになりそうなのでマスクはちゃんとかけて。


居間の大きな空調機は、ドライバーでひとつネジを外すとすぐに蓋が開き、フィルターの入ってる部分が。
空けて一瞬、ん?大丈夫かな?

・・・と思ったのもつかの間。
フィルターを引き出してみると、1pはあろう埃の層がしっかりこびりついていました!がく〜(落胆した顔)

そのまま水で流す訳にもいかず、まずは埃の層取り。
恐らく10年は取っていないであろう埃はべったりくっつき、要らぬ歯ブラシや布等でどうにか落として、シャワーでようやくきれいに洗い落とせました。

1週間位しか使ってないとはいえ、こんな空調機をつけていたとは恐ろしや・・・。
お店やバス、地下鉄なんかの空調機もこんなものかもしれないな・・・。
だからきっと私は空調機に弱いんだ。


うちにはエアコンがもう3つ。別の寝室のエアコンのフィルターを出してみたら、それは割合大丈夫でした。
普通のエアコンはフィルター簡単に取り出せるので、掃除してたのかな?それとも、あまり使ってないのかな?
もう2つのエアコンも掃除してから、大家さんに報告しようと思います。

みなさんも、空調機、定期的に掃除しましょうね。

DSC04738.jpg
20150826_143038.jpg
DSC04742.jpg

posted by Kazuko at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとおでかけ・お店の人たちの給料

申し込もうか迷っていた社区学校の養生課、やっぱり申し込もうと決心して電話したら、ぜんんぜんつながらない・・・。24日から再び受付開始って書いてあるのに・・・。

昨日一日中うちに閉じこもってたし、外に行きたい気分だったので、直接行ってしまうことに。
地下鉄乗り換えで行くのが一番早いけど、今日はバス1本で行くことに。
うちは地下鉄駅のすぐ近くなので、バス停も近くにたくさんあり、いろんなところに行けます。

⒑分くらい待ったらバスが。バスで40分くらい(8駅)で目的地到着。そこから⒑分くらい歩けば学校です。

中に入ろうとしたら警備のおじさんが、「どこ行くの?学校は夏休みで閉まってるよ。31日からだよ。」と。
しょうがないのでちょっと世間話して引き返し。

朝食食べずに出てきておなかも空いていたので何か食べることに。
通りのお店を覗いて行くと、ついつい社員募集の貼り紙に目が。

最初のお店。割とこぎれいなお店だけど、給料安いっ。でも、住居と食事込みのようです。
アルバイト時給15〜20元!
まあ、上海で一番高いのは家賃だから、住むところさえあれば、その給料で大丈夫なのかな。

次のお店。ちょっと給料アップだけど、休みも少ないだろうに・・・。

そして、私が食べたお店。給料さらにアップ。
私が食べた料理「農家小炒蓋澆飯」14元。
レジで注文してお金払い、席に座ると服務員がレシートの半分持って行って、5分も経たないうちに料理が。
速いし、安くて結構おいしい。
12時前にお店に入ったけど、しばらくしたら席は満席に。
料理安くても、こんなに回転早くてお客さんも多かったらやっぱり儲かるんだな。

以前、散歩中に会った日本語ぺらぺらの技術者の彼の給料が1万元で、結構いい方だと話していたので、年収15万元(約300万)といえばきっとなかなかなのでしょう。

でも、ドイツの会社で働いてるお友達の旦那様は毎月の家賃手当だけで2万元ちょっと(40万!)。
給料が3千元位の人たちもたくさんいるのに、この差はなんでしょう。

家賃がばか高い上海では、お金のない人たちは家族みんなでワンルーム。お金持ちは大きな家でお手伝いさんを雇い、不動産でさらに大儲け。
でも今にきっとバブルがはじけそうな気がします。

01.jpg

02.jpg

03.jpg
04.jpg

posted by Kazuko at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

またまた招待

一日おきでまたまた招待。
今回のほうが大人4人なので大量に作らないと・・・と気合いを入れてたくさん作りました。
おやつのケーキとクッキーも。二日がかりです。
さずがにお客さん来る前からくたくたです。

それにしても天ぷらはやっぱり難しいです。最初の方はうまく揚げれても、その後高くなりすぎたり、低くなりすぎたり・・・。やっぱり小さな鍋だと難しいですね。

人数多いので、ご飯5合分、巻き寿司6本と余ったご飯でごぼうご飯作ったのですが、台湾人は暖かいご飯好きなのかごぼうご飯の方が人気のようでした。
でもやっぱり作りすぎ・・・。明日まで料理しないで済みそうです。

そして、おみやげにいただいた葡萄と桃がとってもおいしかった!
中国の桃ってあんまりおいしくないと思ってたのに、今日の桃は日本の桃のよう。
他にも山のようなおみやげ・・・。
お茶なんかお店が開けるようにたまってきました。
実家におみやげに持って帰ります。


ところでここ数日、またまた台風の影響で快適な気候の毎日。雨で出不精になるけど。
扇風機も要りません。
このまま秋になってくれますように!

mmexport1440323684395.jpg
DSC04720.jpg








posted by Kazuko at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

市場&招待

今日は今住んでいる部屋の前住人一家をうちに招待。
何度か招待してもらったので招待返ししたかったのだけど、のびのびになって、ようやく今日。

午前中、近くの市場へ買い出しに行ってきました。
まずは上のスーパーで市場に売ってないものを購入。

それから生きた土鶏をさばいてもらいに。

ご主人「何作るの?」
私「醤油で煮るんです。」
お客さん「紅燒!」
ご主人「だったら若鶏!」
スープだったら老母鶏・・・等など、料理によって違うようです。
今回の鶏肉、さばいてもらって、煮物用に小さく切ってもらって42元。
中国は、鶏肉はな安いです。エビはすごく高いのに。

鶏屋の奥さん、漬物屋やら何やらひとりで切り盛り。一日20匹もさばくそうです。
鶏、かわいそうだけど、どこで買っても同じように殺されたものだし、感謝して頭も足もいただきます。

さばいてもらってる間八百屋に行ったらなんか見たような顔が・・・・と思ったら、鶏屋のおばさんが出かけた八百屋の手伝いをしてたのでした。
みなさん朝早くから夜まで働き者です。
オーストリアだったら働きすぎでストライキが起こりそうです。


次は豚肉。ここの肉も看板を見たところ健康そう。中国人も牛より豚肉の方をよく食べるようで、豚肉屋3軒あるのに牛肉屋は1軒だけ。
卵もいつも市場で買います。卵を水に沈めると、新鮮なのがよく分かります。
以前は卵パック持って行ってたけど(お店にもあります)、ビニール袋だけでも、手にぶら下げて帰れば割れることもないと判明。
今度、エコ卵布バックも作ってみよう。

今回また新しい店発見!韓国のキムチ屋です。
買ってみたらなかなかおいしかったです。

靴の修理屋、豆腐屋、米屋、餃子の皮屋、他にもいろんな店があります。
いろんなところで世間話、市場の楽しいところです。
市場の近くのクリーニング屋さんも話好きで、いつもつかまってしまいます。
やっぱり今まで日本人って言っても嫌な顔されたことは一度もありません。


そして夕食。
今日もてんぷらに挑戦。ネットで見つけたレシピで衣作ってみたらなんか薄すぎ・・・。
結局また卵と小麦粉足して、でも、今回は大量の油で揚げたので、前回よりはましかなあ。
天ぷら、難しいです。

日曜日も招待なので、土曜日もまた買い出しです。

01.jpg
02.jpg
042.jpg
032.jpg
05.jpg
posted by Kazuko at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

お友達絵描きに&浦東図書館へ

金曜日の11時頃、突然台湾人のお友達よりメッセがあり、「今日一緒にお昼ご飯食べない?」
食べに行ってもよかったのだけど、うちに食べものいっぱいあるしお友達は工筆画習いたい、って言ってたし、うちに招待することに。

彼女はタクシーで来るというので、それから大急ぎで部屋の片づけ!
30分位片づけたところでまたメッセ。
「やっぱり息子をほっとけないので行けない・・・。」

どうやら息子さんのことでいろいろ心配ごとがあるよう。
でも、息子さんももう二十歳。お母さんがあれこれ言っても聞く年じゃないし、うちに来て一緒にご飯食べて絵を描こう!と説得して、それからしばらくして彼女がやってきました。

彼女の旦那様はドイツ人。でも家族同士の会話は英語。こともたちは両親の母国語はほとんど話せないよう。各国転々としてたから仕方ないかもしれないけれど、でも残念。中国語と英語が完璧にできれば、いろんな可能性があったのに・・・。

でもお友達はがんばってドイツ語を勉強してて、たまに私にもドイツ語で話しかけてきます。
今度ドイツ人のお友達も連れて来てくれるそう。
こちらに来てドイツ語圏のお友達がまだ一人もいないのでうれしいです。

お昼は作り置きしてた餃子食べて、それからお絵描き開始。
彼女は油絵は描いたことがあるけど、中国画は初めてのよう。
工筆画は単調な作業の繰り返しだけれど、おしゃべりしながら描いていると、時間が経つのも忘れてしまいます。
結局、気が付いたら5時。
ちょうど帰宅ラッシュの時間なので、もうしばらくおしゃべりして、近辺を散歩して、彼女はまたタクシーで帰って行きました。
彼女に宿題出したけど、次回ちゃんと描いて来るかな?

彼女は私に「なんでタクシー使わないの?」って聞くけど、私は地下鉄やバスで人観察するの好きだし、歩きたいし、あまりタクシー乗りたいと思わないのです。
もちろんバスや地下鉄が安いっていうのもあるけど。
私みたいにあちこち出歩いてて、毎回タクシー使ってたら、いくら安いタクシー代もばかになりません。




ところで、今日は図書館で借りた本の返却日。というわけで、旦那をつれて図書館へ。
地下鉄乗り継いで3駅だけ。
そしたら今日ちょうど上海水墨画家(総勢68名!)の作品展が。
広大な展覧会場に大きな作品がずらり。圧巻です。そしてやっぱり上海にはたくさんの中国画家さんがいるようです。

それから私は中国画の本、旦那は辞書探しに。
前回行ったときに見たコーナーと別の場所に大量の中国画関係の本発見!
すぐに借りたい本5冊見つけ、旦那のいる辞書コーナーへ。

旦那はそれから30分くらい辞書コーナーを眺めた後、「そんなにいい本ないよ。帰ろう。」と。

せっかくだから、6階まで見学して帰ろうとしたら、5階にさらに別の辞書コーナー発見。
旦那がすぐにいい辞書を見つけ、貸し出せないので写真撮り始めました。
気がついたら5時。終了のチャイムが鳴りはじめ、「明日また来てください!」と職員の人たちが見回りに。

旦那「なんで5時終了だって教えてくれないんだ!だったらもっと早く来たのに!」
私もそんなに早く閉館とは思わなかったのです。
次回の楽しみ、ということにしましょう。

上海浦東図書館、6階建てだけれど、各階3段に分かれ、約300万冊の蔵書、3000個の座席の他、3層に分かれた広い階段にもたくさん座ることができます。
一日の平均来館者は1万人、と、なんとも規模の大きな図書館です。

1、2週おきに入れ換わる展覧会場の作品、安い食堂、なんとも魅力の図書館。せっかくなので、これからもたくさん利用します!


も一つエピソード。トイレに入ったら2人並んでるけど、一番前の扉が開いてる・・・。

「あそこは入れないんですか?」ってきいたら、「洋式だから」って・・・。

入ってみたら、障碍者用の広い清潔な様式トイレ。
中国人、扉なくても平気で入れるのに、洋式トイレは苦手のようです。


写真は、図書館の全景、中。階段の部分は前回平日行ったときに撮ったもの。週末は、階段も読書する人たちでいっぱいです。
DSC04676.jpg
DSC04644.jpg
DSC04655.jpgDSC04656.jpg
DSC03886.jpg
posted by Kazuko at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

上海博物館・福州路・コンピュータ・・・

金曜日、この前直してもらった東芝のコンピュータのバッテリーがどんどんなくなっていき、また起動できなくなってしまいました。
というわけで、再び前回行ったコンピュータ修理店へ。

今回はまず電源コードをチェック。どうやら不安定のよう。
修理店の主人はいうには、電源コードが不安定だったせいでマザーボードも壊れてしまったそう。今回もまた何か壊れたようでまた直してもらいました。
時間がかかるようだったので私達は上海博物館に行くことに。


11時半頃に到着するとすごい列が。博物館見学は無料だけど、セキュリティーチェック等が厳しく列ができるようです。
結局1時間程待ってようやく中に。入ってみると反対側にも入口があり、そこにもすごい人が並んでいるようでした。

展示会場は1〜4階で、中心が空洞になっており、またまたもったいない作り。
上海の建築物はほんとに広い空間を惜しみなく使った奇抜な設計のものがたくさんあります。建築物好きな人にとってはたまらないでしょう。

博物館、まずは4階から見学。民族衣装や玉器、家具、貨幣、特別企画展示会場が。
3階は歴代書画、印章等。もちろんすばらしい作品がたくさんあったけれど、私にとっては前回行った芸術宮の近代書画の方が見応えありでした。

2階は陶器等、1階には青銅・彫刻館、さらに特別企画展示にはロシアの様々な展示物が。

無料でも見ごたえ大の上海博物館です。維持費だけですごい額かかるだろうに、上海はお金持ちのようです。


それから福州路へ。
ちょっとご飯食べて、また本屋、画材屋巡り。
安い本屋さんでまたまた4冊画集を買ってしまいました。
旦那は珍しく、上海でまだ1冊しか言語の本を買ってないというのに。
フィラッハでスキャンした辞書を整理する時間もないほど仕事が忙しいようです。

それから目的の工筆画の紙を買いに。
お店は山程あるけれど、割とたくさんの種類の紙が置いてあるお店の中へ。
紹介してくれた工筆画の紙は3種類。そのうちいい紙2種を買ってみました。

最後についでにもう一度、小さな紙屋でどんな工筆画の紙がおいてあるか聞いてみると、なんと5種類も。
また試しに2種購入。きっと他の店に行けば、もっといろんな紙が見つかりそうです。
これから試し描きが楽しみです。


朝⒑時前に出発したというのにもう5時。
コンピュータの店に戻ることに。
コンピュータは無事起動し、新しい(新品じゃないらしいけど)コードも50元で購入。
ご主人、前回コードをよくチェックしてなかったことを謝り(別に責めてないんだけど)、修理代は保証期間だし無料。
あの安い修理代で、5人&場所代、ちゃんとやっていけるのかなあ、と心配に思いつつ、帰って来ました。
私は機械は完全に壊れるまで使い、携帯も買ったことのない(いつももらう)エコ人間なので、こういう修理の人たちをすごく応援しているのですが。
01.jpg
02.jpg
posted by Kazuko at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

またまた教室見学

昨日、ようやく絵を描き始めたのですが、突然思い立って、またまたネットで見つけた中国画の教室に電話してみました。
すると「現在優遇活動中です。授業は無料です。今日の1時半来れますか?」と。その後すぐSMSで場所のお知らせが。

よく訳が分からなかったのですが、うちから30分くらいの距離なので行ってみることろに。
地下鉄商城路を降りると、そこはまたまた高層ビル街。
そして教室の入っているビルもすごい高層ビル。
テナント高いだろうなあ、と思いつつ中へ。

受付の人に教室の中を案内してもらって、先生が来るまでちょっと待機。
中に飾ってある絵は博物館とかに飾ってあるような絵の印刷版。

先生が来たようで教室の中へ。
今度はなんとも気の弱そうな若者。前回の若者先生は、なかなかハンサムで話もうまかっんだけど、今回の先生はなんとも頼りない。携帯で見せてくれる絵もぱっとしない。絵描いて見せてください!とお願いし、山水画を描いてもらうことに。
描くときもなんとも自信なさそう。紙も筆も悪いけど、なんともさえない絵・・・。
彼も大学の院まで美術を勉強してきたそうだけど、なんだかかわいそうになってきました。いくら好きで絵を勉強しても腕がないとこんなところで子供たちに教えるしかないのか・・・。お給料もそんなにないだろうに。
台湾の私の中国画の先生たちの腕がすごすぎて、しかも文化センターみたいなところで気軽に勉強できたので、この差に戸惑ってしまいます。
逆に、老人大学とかのほうがいい先生いるのかな?

描いてる絵を見つつ、世間話。いったい上海のどこで中国画が勉強できるのか・・・。
彼が勉強したのは华东师范大学。上海大学でも勉強できるよう。それか、この前私が行った上海師範大学。
一番のお勧めは杭州美術学院。
すごい中国画の先生たちは大抵杭州か北京美術学院卒。
聴講しようにもうちから3時間もかかります。

それより、昨日出かけて、やっとまたよくなった咳がまた出始めました。
冷房効いたところで咳が出始めるので、やっぱり冷房が悪いのだど思うけど、いったいどうすれば私の喉、元に戻るのだろう?
まずは体調整えることのほうが大事のようです。

教室の入っていたビルは、3枚目の真ん中。
01.jpg
02.jpg
03.jpg
posted by Kazuko at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

餃子作り・電気代

今日は朝から近くの市場に買い物へ。
朝9時過ぎ出発したというのに暑い暑い!
今日の目的は餃子の材料。前回市場で買った餃子がいまいちだったので。

まずは餃子の皮。
150個分くらい作りたいといったら、1,5sくらいの皮くれました。
しめて⒑元。こっちの小麦粉だけでも1s⒑元くらいするのに、なんでこんなに安いんだろ?
挽肉は500gほど。野菜たっぷりが好きなので大きい白菜1個とニラとネギも大量に。
他の買い物も済ませ、お昼頃から餃子作り開始。

暑いけどクーラーなしで(笑)。
150個って結構大変です。結局4時くらいまで餃子作ってました。
でもだんだん要領が分かってきて、皮をまずひっぱって伸ばすとたくさん具が包めていい感じです。
形もだんだんきれいになってきました。
でも疲れた〜。一日中お仕事で餃子を作っている人たち、尊敬します。

ところで、今月の電気代明細届いたのだけど、前回の住人より安かった・・・。
65.6元。冷蔵庫つけて、切れてた電球も入れたのになんで?
電気代が半額になるという⒑時以降に洗濯してたから?
今月は冷房入れたから高くなると思うけど、あんなに安いなら、夜洗濯しなくてもいいか。

旦那が帰ってきて「暑い!」と冷房を。33度でした。暑い訳だ。

写真は、プレートに3段重ねにした餃子。これで80個くらい?
DSC04547.jpg
posted by Kazuko at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

東芝コンピュータ復活!&仏陀の額

昨日、もらいものの古いコンピュータを持って、旦那の同僚に紹介してもらったコンピュータ部品等売っている雑居ビル(新虬江数码世界)へ。
地下鉄南京東路で乗り換え、2駅の四川北路駅で降り、5分程行くと到着。
入口近くにコンピュータ修理の看板があったので、そこでコンピュータのコードを見せるとチェックして、すぐ新しいコードを持ってきてくれました。
無時起動。
オーストリアで7か月前に買ったコードより少し小さ目。そしてびっくりたったの40元!オーストリアで30ユーロ近くしたのに。

これはいけるかも!と、「壊れたマザーボード直すのどれくらいかかりますか?」
店員さん「見てみないと分からないけど、1000元以下で直せるよ。」

他にもいくつかコンピュータ修理の店があり、ひとつの店のお兄さんが「1時間で1、200元で直せるよ。うちが一番修理上手いよ。」と。
対応もよかったし、そのお店でやってもらうことに。

家に帰る途中、福州路で表装に出していた絵を受け取り、一度帰宅。
自分で作った掛け軸失敗したので、額装してもらったのです。
お昼ご飯食べて、ブログアップして、再び4時前新虬江数码世界着。

お店の主人は修理で忙しそう。
弟子さんらしき人が私のコンピュータ分解開始。
全部ばらばらにしてから「何が問題ですか?」と・・・。
私のコンピュータはお友達や旦那の同僚がすべてチェックしていて簡単な問題でないの分かってたからいいけど、もしコードだけ壊れてたらどうするんだい(笑)。

ばらばらにした後しばらくほったらかし。聞いてみたら弟子さんが「私は修理できないからちょっと待ってください。」と。

小さなスペースの中に5人もいるのに、ちゃんと修理できるのはボスさんだけのよう。
弟子さんがコンピュータで遊んでいたらボスさんが怒る怒る。
「こんなに忙しいのにコンピュータで遊ぶなんて。なんか他にやることないのか!」確かに。汚い店内掃除すればいいのに・・・。

ボスさん一人でひたすら修理して、弟子さんたちは分解したり、領収書を書いたり。
私の前にもう一人修理に来て待っていた人がいたので私もしばらく修理を眺めてました。
前の人は修理代180元だったのだけど、お客さん「こんなに待たせてそんなに出せん!」とか言って130元だけ投げ捨てて帰っていきました。ボスさんかわいそう。
普通、修理でその場で直してもらえないよね。時間ないなら待たなきゃいいのに。


そして私の番。マザーボードを機械を使ってチェックしていきながら、ところどころハンダこてでぺたぺた。そして最後に「この部分が壊れてる。」と店を出ていき、別の店で部品買って帰ってきて再びチェック。
どうやら修理完了のよう。今度はボスさんが組立て。
組み立ててスイッチオン!無事起動!
ただ、「バッテリーが消耗しています。」という表示がでて、まだ何か問題があるよう。再び分解してバッテリーチェック。
どうやら小さな丸い電池が消耗してたよう。それを取り換え再び組み立て。

そして起動!ネットなどすべて試してみましたが、問題なし!
本当に1時間足らずで直してしまいました。部品代がかかったから、と修理代350元、と。
上海の東芝の修理センターの6分の1の値段でマザーボード半年保障付き!東芝は3か月だけなのに。

新虬江数码世界のコンピュータ修理の人たち、ほとんどマザーボードを交換することなく直してしまうよう。
こんなに簡単に直せるのに、なんで大きな企業はマザーボード修理できないって言うんだろう。たぶん新しいの買い替えてもらいたいから、修理の技術、教えたくないんだろう。

なにはともあれ、7か月間眠っていたコンピュータが復活したのはすごいこと。
大感激なのですが、昨日地下鉄に乗りすぎて、また喉を傷めてしまいました・・。

01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg
posted by Kazuko at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

静安寺で昼食、絵の教室探し

今週はなぜか毎日街へ出かけています。
昨日は大家さんが探してくれた秦汉胡○○院という教室へお友達と共に見学へ。

30分説明をしてくれるというので約束の時間に教室へ。場所はなかなか便利。
そこは中国画だけでなく書道や古琴、茶芸や語文など、いろいろな教室があるよう。
教室もなかなか立派。ただし値段も立派。

私が教えてもらうだろう先生は、30前半の若い男性。小さな頃から大学院までずっと絵をやってきたそうで、絵の実力もなかなかのようですが、見せてくれた絵は携帯の絵だけ・・・。やってきた一人の生徒さんは棚から本を取り出し、それを見ながら絵を描いていました。

台湾の先生たちの教室ではいつもたくさんのお手本があり、持ち帰って家で練習でき、授業中は先生がひたすら絵の訂正又は作品を描いてくれました。
そんな授業を期待していたのに・・・。
一度も先生の授業を見ることもなく、授業料は1年分ほどの一括払い。1万元(20万円)以上から。よく分からないのにそんな大金は払えません。

社区学校の授業は滅茶苦茶安いのに、極端すぎます。
社区学校も大学も夏休みなので授業見学できません。でも最近ちょくちょくお友達がいろいろ紹介してくれるので、延々と先生探しは続きます。


今日はまたまた台湾人の奥様たちと昼食。特に予定のない私は、誘われればどこへでも飛んで行きます。
今日はお友達の一人が住んでいる静安寺界隈へ。
初めて行くところだから、約束よりちょっと早めに出発。

うちから地下鉄一本で30分で到着。静安寺のお寺への出口はお寺と一体化してなんともおしゃれ。
お寺への入り口がよく分からずぐるっと一周したら、お寺の外側はレストランや店舗がずらし。周囲は高層ビル。
2000年ほどの歴史のあるお寺だけど、倒壊、増築を繰り返し今の形になったそう。
普段入場料は20元だけど、旧暦1日と15日は無料だそうで、偶然無料で中へ入れました。ラッキー♪

長い線香を持って熱心に拝む姿は台湾と同じ。
お寺の周囲にはしつこい占いのおじさんたちがたくさんいて、初め、宗教の勧誘かと思ったけど、単にお金が欲しかったようです。
でもそのおじさんに道案内してもらって約束のレストランのあるビルに無事到着。

愚园路68号昌品3階の八海山という日本料理店。結構高級なのだけど、今日は全部5.9折(41パーセント引き?)。みんな、こういうの探すのが上手いです。
この割引値段でオーストリアでこんな日本料理はなかなか食べられません。

その後、行列のできる店で肉買ったり、喫茶店でお茶したり、お友達と出かけると、何やらいろいろ出費はあるのですが。まあ、楽しければいいのです。
明日もやっぱりお出かけです。
絵も、これからぼちぼち描いていきます。ようやくちょっとやる気が出てきました。

01.jpg
03.jpg
04.jpg
02.jpg
05.jpg
06.jpg
posted by Kazuko at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 (Tagebuch) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。